三橋淳、ダカールラリー日本人初の二輪で完走を目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

三橋淳、ダカールラリー日本人初の二輪で完走を目指す

スポーツ 選手

三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
  • 三橋淳ダカールラリー参戦発表パーティー
三橋淳選手のダカールラリー参戦発表パーティーが、12月2日の夜、都内で開催された。

世界的なクロスカントリーラリードライバーとして活躍する同選手は、2016年1月のダカールラリーに二輪で参戦する。オートバイでの参戦は、じつに13年ぶりだ。

二輪→四輪→二輪といった2度のコンバートは、世界的にも初。カテゴリーにとらわれず、モータースポーツの垣根を取り払うことで、アスリートの可能性をますます広げている。

1970年生まれ、45歳の三橋選手は「僕の場合、リターンライダーではなくコンバートです(笑)。見た目は若いですが、中身はオッサンなので怪我だけはしないように、日本人初のバイクでの南米ダカールラリー完走を目指します」と、高らかに宣言。集まった150名から大きな拍手が贈られた。

三橋選手の二輪での主なラリー成績は次の通り。

1999年 UAE デザートチャレンジ 総合19位、2000年 ラリーレイドモンゴル 総合優勝、2001年 パリ・ダカールラリー 総合21位、2002年 パリ・ダカールラリー 総合12位、2003年 パリ・ダカールラリー 総合16位、2015年 メルズーガラリー 総合14位。

四輪へは2003年にコンバートし、ダカールラリーでは5回の市販クラス優勝を誇る。

【ダカール16】目指すは日本人初の二輪での完走…三橋淳、参戦発表会にて宣言

《青木タカオ@レスポンス》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top