日産が全国車椅子マラソンを開催「日産カップ追浜チャンピオンシップ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日産が全国車椅子マラソンを開催「日産カップ追浜チャンピオンシップ」

イベント スポーツ

日産カップ追浜チャンピオンシップ公式サイトより
  • 日産カップ追浜チャンピオンシップ公式サイトより
日産自動車は、同社追浜工場と横須賀市内で第16回全国車椅子マラソンin横須賀「日産カップ追浜チャンピオンシップ 2015」を12月4日~12月6日にかけて開催する。

日産カップ追浜チャンピオンシップは、2000年から始まった車いす陸上競技の総合大会だ。国内トップレベルの選手を含む約230名の選手が参加を予定している。

メインとなる大会3日目は、企業と地域が協働し、追浜工場内のテストコース「GRANDRIVE」と、京浜急行追浜駅間の公道を使用したロードレースを実施する。スタート・ゴール地点は京急追浜駅前。種目はハーフマラソン(21.0975km)とチャレンジレース(7.0325km)。追浜工場を主体に、従業員ボランティアと地域のボランティア約500名がコース整理を行う。

大会1日目は横須賀市北体育会館で、地元の追浜小学校、大津小学校、馬堀小学校の生徒を対象に車いす体験交流会を実施。2日目はGRANDRIVEで障がいの有無に係わらず、小学生以上が車いすで参加できる記録会を開催する。種目は2.5km、5km、10km。

なお、日産自動車は大会を記念して従業員募金(太陽募金)を実施。寄付金を障がい者スポーツ振興を推進する競技団体などに寄付する。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top