坂口佳穂「鍛え直してシーズンに臨む」ビーチバレーの新星、冷静に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

坂口佳穂「鍛え直してシーズンに臨む」ビーチバレーの新星、冷静に

スポーツ 写真
2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
  • 2020東京では、ビーチバレーが品川区で開催される。品川区のイベントに参加した坂口佳穂選手。品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏らと。
ビーチバレー界の新星、坂口佳穂選手。競技を初めてまだ1年半ながら、メディアの注目は高い。

高ぶる周囲とは対照的に、本人は冷静に自己を見つめる。落ちつた声色で話してくれた。

---:ビーチバレーとの出会いは。

坂口選手(以下敬称略):高校三年生の時に父とビーチバレーの大会を見に行ったのがきっかけです。ビーチバレーの試合を初めて見たのですが、選手のみなさんが楽しそうにやっていたり、開放的なところもあって、私もやりたいと思いました。

それまでは小学校1年から中学校3年までバレーボールをやっていました。バレーボールとビーチバレーは足の不安定などが違うと思います。アンダー、オーバー、サーブ、スパイクなどは似ている部分もあります。

選手としての強みは今は本当にないのですが…、オーバーセット、オーバーでトスを上げるのは褒めていただきます。課題は、一発目、私が狙われてしまうので、レシーブ力の強化が一番の課題です。

---:短期、長期など目標があれば教えて下さい。

坂口:シーズンは5月から11月なので、いまはオフシーズンになります。体力と筋力アップをしっかりして、シーズン中にできなかったことも、新しい技術も教えてもらい、鍛え直してシーズンに臨みたいです。

私の中では、大学を卒業するまでには日本の大会で優勝を目指せる選手になりたいです。日本のトップ選手にならないと、五輪を目指すなど口に出せません。

---:現在の生活はどのようなサイクルなのでしょうか。

坂口:いまは大学に通いながらなので、大学に行って、練習に行ってというところです。

ビーチバレーは音楽もあって、エンタメ性の高いスポーツなので、ぜひ会場に足を運んでいただきたいな、と思います。
《土屋篤司》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top