マイケル・ジョーダン「ナイキは毎回イノベーションの話をしてくれた」…ジョーダンブランド展開の背景 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マイケル・ジョーダン「ナイキは毎回イノベーションの話をしてくれた」…ジョーダンブランド展開の背景

スポーツ 短信
マイケル・ジョーダン
  • マイケル・ジョーダン
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
  • ナイキ・ジョーダンブランド30周年記念、発表会見にて
ナイキは、ジョーダンブランドの30周年を記念し、都内で発表会見を開催した。会見に登場したマイケル・ジョーダン氏は11年ぶりの来日となった。

ナイキの人気ラインアップである「エア ジョーダン 1」の登場から30年が経った。東京現代美術館では、10月16日~18日の間、「MUSEUM 23 TOKYO」を開催。マイケル・ジョーダン氏の軌跡をたどることができる展示となっている。

発表会ではマイケル・ジョーダン氏、ジョーダンブランド社長のラリー・ミラー氏、ジョーダン・ブランドのデザイナー、ティンカー・ハットフィールド氏が登壇した。

ジョーダン氏はジョーダンブランドについて「11年ぶりの来日、感謝しています」と切り出した。

「ジョーダンブランドはチームみんなで展開しています。私は試合を愛していました。それを見ている人たちも感じてくれたのだと思います。その情熱を中心にいろいろなことが生まれました。試合への愛情があって成り立ったものです」とジョーダンブランドの核となる心持ちについて話した。

「毎回デザインの話を繰り返し、ナイキチームは毎回イノベーションの話をしてくれました。そして私のプレーにどれくらい影響があるのか。何度も話し、最後は自信を持って履いていました」

「おかげで間違いなくパフォーマンスが出るだろうということで、何年も最高のプレーを続けることができました。私たちは自身の背景から、いろいろなヒントを得て毎年良いものを展開することができました」とジョーダンシリーズの背景を述べた。
《土屋篤司》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top