ミズノ、ランニングシューズ50万足販売へ…ランナーひとり一人に向け発信 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ミズノ、ランニングシューズ50万足販売へ…ランナーひとり一人に向け発信

新着 ビジネス
ミズノは、ランニング事業において、ランニングシューズ販売目標を14年度比で16%増となる50万足に引き上げることを目指すとしている。

2015年6月に実施した取引先に向けた新製品展示会では、ランニングシューズの受注足数が前年度比で32%増となり、新製品、プロモーションへの期待の大きさがうかがえたという。

新ブランドスローガン「RUN to ONE~1人1人のゴールへ」を掲げ、活動していく。日本国内のランニング人口が1000万人に達したといわれる中、ランナーが持つ目標の多様化が進む。

これまでミズノは、ランニングの裾野拡大を重視したマーケティング活動を行い、「WAVE RIDER」シリーズが広く市場に浸透するなど一定の成果を上げてきた。今後は多様化が進む市場に対応するため、誰に向けた商品なのか、その人にはどのような機能が必要か、などを明確に打ち出し、1人1人の目標をサポートするブランドになることを目指す方針。

1人1人のニーズに応える商品を提案するため、10月より全国の主要店舗およそ100店を拠点として、「TRY ON」と称したシューズやウエアの体験を促進していく。

協賛マラソン体感開催前の数か月間、大会開催地域の店頭に「TRY ON!相談所」や「TRY ON!体感所」と称したコーナーを設置し、商品選びのサポートだけでなくその大会での目標達成に向け、コース攻略法やトレーニング方法のアドバイスなども行っていく。

この活動を通じ、1人のランナーとのタッチポイントを、点でなく線でつなげることを図っていく。

これまではランナーをレベル別に分離しプロモーションを展開してきたが、今後は多様化するランニング市場に対応するためユーザーをマインド軸で分離し、それぞれのマインドに合った商品ラインナップの提案と、新規販売チャネル政策を進めるという。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top