10種競技で世界新「イートンマスク」が話題 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

10種競技で世界新「イートンマスク」が話題

ウェアラブル 国内
アシュトン・イートン(c)Getty Images
  • アシュトン・イートン(c)Getty Images
  • アシュトン・イートン(c)Getty Images
  • アシュトン・イートン(c)Getty Images
  • アシュトン・イートン(c)Getty Images
世界陸上2015北京大会が閉幕した。この大会も世界のアスリートが激しく、時には優雅に頂点を目指して戦った。

10種競技では、世界新記録を更新したアシュトン・イートン(米)。2日間に渡る10種競技日程、緊張感のなか迎えた、最終種目1500m。トラックを走るイートンは、トラック最終週、ゴール直前のスプリントで力を振り絞り、記録を更新。

直後には妻と抱き合う姿も映され、感動を呼んだ。

このイートンが装着していた、冷却マスクが話題を呼んでいる。ナイキと開発したというマスクで、2日間という長丁場の10種競技において、体力回復に一役かったものとみられる。

世界記録を更新したイートンの活用アイテムとなったことで、夏場のスポーツ競技者にとっては、実践投入して効果を図りたいアイテムとなりそうだ。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top