【全米オープン15】錦織は初戦敗退、ペールから最後まで流れつかめず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全米オープン15】錦織は初戦敗退、ペールから最後まで流れつかめず

スポーツ 短信

錦織圭(c)Getty images
  • 錦織圭(c)Getty images
  • テニス イメージ(c)Getty Images
テニスの全米オープン男子シングルス1回戦が8月31日に行われ、第4シードの錦織圭はブノワ・ペールに4-6、6-3、6-4、6-7、4-6で敗れ初戦で姿を消した。

初戦の緊張からか硬さが見られた序盤の錦織。第1セット第2ゲームでブレークポイントを握るも生かせず、逆に第3ゲームでブレークされセットを落としてしまう。

ペールの曲者ぶりに手を焼く錦織だったが、第2セットは相手のミスを誘発するプレーで奪い返す。続く第3セットも連取した。勝負の分かれ目になった第4セットは、互いにサービスキープを続けタイブレークにもつれ込む。

錦織は6-4で先にマッチポイントを握るが、ペールに2本続けてはね返されてしまう。寸前まで行った勝利が遠のくと「かなり引きずってしまった」錦織は、第5セットも落とし敗れた。

全米オープン初戦敗退という結果に「やっぱり初戦は難しいなー。第四シードだったから期待が大きかったこともプレッシャーだったのかな?」「錦織ダメだったか!でも優勝できるポテンシャルはあるから来シーズン期待!」「勝負の世界は何があるかわからないっすよね」「こういうところ落とすか落とさないかが上位との壁なんだと思う」「どうも落ち着いてない感じだった。らしくないミスも目だった」などの声が寄せられている。

錦織は昨年の大会で準優勝し1200ポイント得ていたが、大会後ほぼすべて失効する。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top