【高校野球】中京大中京のエース上野、五回までノーヒットピッチングも一発に泣く | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【高校野球】中京大中京のエース上野、五回までノーヒットピッチングも一発に泣く

スポーツ 短信
高校野球 イメージ
  • 高校野球 イメージ
第97回全国高校野球選手権大会11日目、第2試合は関東一(東東京)と中京大中京(愛知)が対戦し、関東一が九回裏に5番・長嶋亮磨のソロホームランでサヨナラ勝ちした。

初戦は序盤に奪った大量リードを守れず、最終的には12得点で勝ったが、失点も10と不安を残す試合になった関東一。しかし、この試合は中京大中京打線を投手陣がよく抑え、ピンチは招くが得点を与えない。

野手も初回に満塁のピンチでオコエ瑠偉が好捕を見せるなど、高い集中力で守り切った。

だが打線は中京大中京の上野翔太郎投手の前に、五回までノーヒットに抑えられる。九回も4番の五十嵐滉希が凡退し、一死ランナーなしで長嶋は打席に向かった。

長嶋は初球をとらえ、打球はレフトポール際まで伸び、白球がスタンドへ吸い込まれる。予想外の一発に、打たれた上野もマウンド上でしばらく呆然とし動けなかった。

0-0の熱戦を終わらせたひと振りに「文字通り劇的な幕切れ」「今更ながら、高校野球って、せつない」「中京大中京のさよならホームラン打たれたピッチャーみてたら…涙でたよ」「たった1球で試合が終わってしまった。高校野球って残酷だな」など、これが一発勝負の怖さであり、高校野球の醍醐味といった意見が多く寄せられた。

勝った関東一の準々決勝は大会12日目、第4試合に決まった。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top