【そら博2015】粘土やペットボトルを使う工作系アトラクション…子どもの勉強にも | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【そら博2015】粘土やペットボトルを使う工作系アトラクション…子どもの勉強にも

イベント 文化
8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
  • 8月1・2日、千葉・幕張メッセで開催された「そら博」のようす(撮影:大野雅人)
千葉市・幕張メッセで8月1日~8月2日に開催されたウェザーニューズ主催イベント「そら博2015」では、粘土やペットボトルを使った"工作系アトラクション"が子どもたちに人気だった。

立命館大学理工学部による「川は生きている(川の模型実験体験)」は、粘土で川のミニチュアを作るもので、子どもたちで混雑した。同学部は、この粘土を使った全長10mの模型で、「川に関する実験を行ない、雨の降る場所や地形によって変化する川の流れ方、都市型水害などの災害から身を守るための考え方などを考える」という。

千葉県の20代の女性は、「子どもが、このコーナーの粘土を1時間以上触っている。川の蛇行や斜面に影響する水の流れを覚えたみたい」と話していた。

また、8月2日には異色の気象予報士たちによるトークショーも行なわれた。「いろんな"気象予報士"大集合」は、美肌女予報士の中川祐子氏、女子プロレスラー予報士の春日萌花氏、Gカップ予報士の穂川果音氏などが登壇した。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top