【ジロ・デ・イタリア15】コンタドール、ピンチ克服し総合優勝を確実に「脱水症状だった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】コンタドール、ピンチ克服し総合優勝を確実に「脱水症状だった」

スポーツ 短信
2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第20ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
2015年ジロ・デ・イタリア、5月30日の第20ステージ、スペインのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)はライバルたちから遅れながらも、マリアローザを死守し、総合優勝を確実にした。

チマ・コッピと呼ばれるジロで最も標高の高い峠、フィネストレの未舗装路でライバルたちから遅れ始めたコンタドール。しかし、慌てず自らのリズムをキープして走り、ステージ優勝したファビオ・アール(アスタナ)から2分25秒遅れてゴール。総合2位のアールに2分02秒差をつけてマリアローザを守り、無事に平坦の最終第21ステージを迎えることになった。

「調子はよくなかった。おそらく積み重なった疲労のせいだね。でも、総合で十分なクッションはあった。ゴールまで距離はあったけど、自分のリズムで走ることにしたんだ。ジャージが危険だとは一瞬も思わなかった。集団間の速度差は小さくなるとわかっていたから、落ち着きを保ったんだ」

「ツールに向けて体重に注意しないといけないけど、今夜はいいディナーになるね。このジロはもう確実だ。明日のステージがあるだけだから、次の目標についてすでに考えているよ」

「脱水症状だった。それほど暑くなかったから信じられないだろうけど、今朝起きたとき、昨日の厳しいステージのせいで体重が落ちていたんだ。あまり重要だとは思ってなかったし、ステージ中も飲んでいた。でも十分じゃなかったんだね。脱水の問題で、空腹や食べ物の問題ではなかったと思う」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top