【ジロ・デ・イタリア15】正念場の山岳賞争い、ビスコンティが初のトップに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】正念場の山岳賞争い、ビスコンティが初のトップに

スポーツ 短信

2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ジョバンニ・ビスコンティ(モビスター)
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ、ジョバンニ・ビスコンティ(モビスター)
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第19ステージ
2015年ジロ・デ・イタリア、5月29日の第19ステージ、残り2日でイタリアのジョバンニ・ビスコンティ(モビスター)が山岳賞争いでトップに立った。

この日、逃げに乗ったビスコンティはアタックを繰り返し、1級山岳のサン・バルテルミーとサン・パンタレオンを2つともトップ通過。山岳ポイントを125に伸ばし、前日まで首位のステフェン・クルイシュウィック(ロットNLジャンボ)に16ポイント差をつけて今大会初めてトップに。残す山岳ステージは30日の第20ステージだけとなった段階で、マリアアッズーラに袖を通した。

ビスコンティはそのまま逃げ切り勝利を狙ったものの、ラスト10kmでアスタナがコントロールするメイン集団に捕まった。

「風が強かった。左側で山を登っているときは風が顔に吹き付けて、すごく苦しかった。2つの上りではリードを守れたと思うけど、いつものように逃げ切れるほどの運はなかった。アスタナがあんな風に走ると決めたからね」

「このジャージは、僕にとってちょっとした埋め合わせだ。まあ、おそらく小さくはないね。ジロの最後にマリアアッズーラを獲得することは大きい。多くの努力を必要とするし、多くの山岳を先頭で走らないといけない」
《》

編集部おすすめの記事

page top