【全仏オープン15】錦織、4回戦の相手ガバシュビリは「粗いけどフォアが強烈」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全仏オープン15】錦織、4回戦の相手ガバシュビリは「粗いけどフォアが強烈」

スポーツ 短信

錦織圭(2015年5月27日)
  • 錦織圭(2015年5月27日)
テニスの全仏オープン男子3回戦で、ティムラズ・ガバシュビリがルカシュ・ロソルを6-4、6-4、6-4で破り、4回戦に進出した。ガバシュビリは31日予定の試合で錦織圭と対戦することが決まった。

3回戦を対戦相手の棄権で不戦勝した錦織は会見に出席し、「棄権されるのは初めてのことなので、気持ちは抜けてはないですけど、抜けるのが怖いかなという心配は少しあります」と、精神面で臨戦態勢を作る難しさについて語った。

ガバシュビリとは4月にバルセロナ・オープンで戦ったばかり。この試合は錦織が6-3、6-4で勝利し、大会も連覇を成し遂げている。

そのときの印象がまだ残っている相手について、「とても攻撃的な選手。粗いところはあると思うけど、フォアが強烈だった。今日も少し見ていて思ったので、一定のリズムで打たせると手に負えなくなってくるのかなと」

会見の最後には「しっかり集中力を保って今日、明日、明後日いい練習をして……明後日は試合か?」と、不戦勝で試合がなくなったことによる混乱も見せた錦織。笑顔も出て、リラックスした雰囲気で試合に備えられているようだ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top