【プロ野球】阪神、レンジャーズを自由契約の藤川球児と接触 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】阪神、レンジャーズを自由契約の藤川球児と接触

スポーツ 選手

藤川球児 参考画像(2015年3月2日)
  • 藤川球児 参考画像(2015年3月2日)
テキサス・レンジャーズから自由契約となった藤川球児投手に、古巣・阪神タイガースの関係者が接触していたことが分かった。交渉解禁となった5月25日から動き始め、すでに代理人ともコンタクトを取っているという。

■完全復活を目指すも故障者リスト入り

トミー・ジョン手術からの完全復活を目指し、今シーズンはレンジャーズで開幕メジャー入りを目指していた藤川。だがオープン戦で右脚を痛め故障者リスト入り。5月14日に復帰したが、登板した2試合の結果を見てチームはメジャー登録の40人枠から外していた。

ウェーバー公示されたが獲得に乗り出すMLB球団はなく、藤川はマイナーでのプレーと自由契約の選択で、自由契約を選んだ。

長く守護神として活躍した功労者の復帰には、「球児、阪神に戻ってこい」「すぐにメジャー帰りを取ろうとするのはどうかと思うけど、それでも球児だけは取ってほしいと思う」と、戻ってくるなら阪神にというファンが多い。

一方で「年俸は低く設定して、出来高重視の契約にしないと」「払って単年2億。まさか3年12億なんて言わないよね」「メジャー復帰組は働かないってイメージあるし、甲子園で罵倒される球児は見るにしのびない」など、功労者と言えど契約は慎重に行うべきとの見方も強い。

■最大のネックは怪我の回復具合

阪神へ戻るにしろ戻らないにしろ、気になるのはケガの回復具合だ。藤川とレンジャーズの契約では、選手本人が同意しなければマイナーへ落とせない内容になっていたという。

そのためチームは規定のリハビリ期間が終わった藤川をメジャーのマウンドに上げたが、やはりまだ投げられる状態ではないと判断し、マイナーでの再調整を打診した。これを藤川が断ったため、チームはウェーバー公示にかけざるを得なくなったと伝えられている。

メジャーからの復帰組では今年、ソフトバンクホークスに入団した松坂大輔が、右肩の違和感を訴えシーズン中の登板を回避し続けている。そうしたことからも、ファンは藤川の復帰に懐疑的にならざるを得ないようだ。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top