初戦快勝も「お祭りムードにはならない」ウォリアーズ…2季ぶりの王座奪還なるか | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

初戦快勝も「お祭りムードにはならない」ウォリアーズ…2季ぶりの王座奪還なるか

スポーツ 短信
ステフィン・カリー(2017年6月1日)
  • ステフィン・カリー(2017年6月1日)
NBAファイナルが現地6月1日(日本時間2日)に開幕した。ゴールデンステイト・ウォリアーズが本拠地オラクル・アリーナにクリーブランド・キャバリアーズを迎えた第1戦は、ケビン・デュラントの活躍もありウォリアーズが113-91で勝利している。

3年連続同一カードとなったウォリアーズ対キャバリアーズ。一昨年はウォリアーズが勝利し、昨年はキャバリアーズがファイナル史上初となる1勝3敗からの大逆転劇でリベンジを果たした。

3度目の対戦となった今回はウォリアーズが守備からリズムを作る。相手の堅固な守りにキャバリアーズはターンオーバーを繰り返し、試合の主導権を握ることができなかった。

一方のキャバリアーズはデュラントが38得点、8リバウンド、8アシストの大活躍。ステフィン・カリーも28得点を決めて大勝した。

ホームでの初戦を快勝したウォリアーズ。だが昨年の悔しさを覚えているだけに、試合後の会見でも冷静に振る舞っていた。カリーは「メンバーの多くがファイナルと優勝を経験している。接戦を経験しているから、お祭りムードにはならない」とコメントした。

ファイナル史上初の3年連続同一カードという点も注目されているが、コート外のことは気にしないとしている。

「試合に関係ないストーリーなどのことを気にしてはいけない。今夜はそれがとてもうまくできた。コートには有能な選手がたくさんいると知った上で、ウォリアーズのバスケットボールを見せられた。自分たちのプレーをすることが優勝するために最も重要なことだ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top