【ジロ・デ・イタリア15】ランダ、総合で2位に浮上「アールがコンタドールと一緒に行けといった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】ランダ、総合で2位に浮上「アールがコンタドールと一緒に行けといった」

スポーツ 短信

2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ミケル・ランダ(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ミケル・ランダ(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ミケル・ランダ(アスタナ)が優勝
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ステフェン・クルイシュウィック、アルベルト・コンタドール、ミケル・ランダ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ステフェン・クルイシュウィック、アルベルト・コンタドール、ミケル・ランダ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、ステフェン・クルイシュウィック、アルベルト・コンタドール、ミケル・ランダ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がマリアローザ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ
  • 2015年ジロ・デ・イタリア第16ステージ
2015年ジロ・デ・イタリア、5月16日の第16ステージ。スペインのミケル・ランダ(アスタナ)は再び山岳で強さを見せ、ステージ2連勝を飾った。

激坂の1級山岳モルティローロでアールが不調を訴えたとき、ランダはライバルのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)、ステフェン・クルイシュウィック(ロットNLジャンボ)をマーク。最後の3級山岳アプリーカでは単独でアタックし、第5ステージに続く勝利を挙げた。

この結果、ランダは総合順位でもアールを逆転し、2位に浮上した。

「僕にとって最高の1日だった。おそらく日曜日以上だね。アルベルトにトラブル(パンク)が発生し、カチューシャが全開で走っていたから、僕たちはカチューシャに協力した。モルティローロではアールの調子がよくなくて、彼が僕にコンタドールとクルイシュウィックと一緒に行けといったんだ」

「今日は、僕が上りで最強の選手のひとりになりえることを証明した。まだ上りゴールはいくつか残っている。チームとして僕たちは一致団結し、注意しなければならない。今日コンタドールに起こったことが、僕たちに起こるかもしれないからね」
《》

編集部おすすめの記事

page top