贈り物をする時は「誕生日」がトップ…ギフトに関する意識調査 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

贈り物をする時は「誕生日」がトップ…ギフトに関する意識調査

ライフ 社会

日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
  • 日本ギフト大賞の第1回表彰式
日本ギフト大賞事務局は、20代以上の男女を対象にしたギフトに関する意識調査を行った。

●この1年間で、どのような時に贈り物をしましたか?
この質問への回答は「誕生日(51.9)」%が最も多く、次いで「お中元・お歳暮(39.7%)」、「旅行などの土産(30.3%)」、「クリスマス(29.7%)」、「母の日(28.9%)」という順となった。

年代別では40代が、誕生日(64.0%)やクリスマス(40.0%)を他世代より多く挙げており、こうした機会を大切にしている子育て世代ならではの感覚がうかがえる。

日本の習慣であるお中元・お歳暮は、60代以上は7割弱(69.0%)と多くの人が贈っているが、50代(52.0%)、40代(42.0%)、30代(23.0%)と下がり続け、20代では1割強(12.9%)と、年代が若くなるにつれて贈っていないという結果になった。

男女別でみると、女性のほうが多くの項目で男性を上回っており、さまざまな機会で贈り物をしている。女性は「バレンタインデー」が第2位で42.0%に対し、男性は「ホワイトデー」が25.9%だ。女性にとっては少し残念な結果も出た。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top