空のF1「レッドブル・エアレース」第2戦千葉大会、レーストラック発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

空のF1「レッドブル・エアレース」第2戦千葉大会、レーストラック発表

5月16日(土)、17日(日)に、幕張海浜公園で日本初開催される世界最速のモータースポーツシリーズ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」2015シーズンの第2戦「レッドブル・エアレース千葉2015」のレーストラックが公開された。

スポーツ 短信
Red Bull Air Race Chiba 2015のレーストラック
  • Red Bull Air Race Chiba 2015のレーストラック
  • Red Bull Air Race Chiba 2015のレーストラック
5月16日(土)、17日(日)に、幕張海浜公園で日本初開催される世界最速のモータースポーツシリーズ「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」2015シーズンの第2戦「レッドブル・エアレース千葉2015」のレーストラックが公開された。

千葉大会は海岸線に沿って一直線に設けられ、通常の2周ではなく、途中からスタートし、両端で折り返してゴールするレーストラックになっている。ほぼ直線コースであり、スピードが速い機体が有利である点と、向きが瞬時に変わる強い海風の中でリズムを失わずにテンポよくエアゲートをパスすること、そして2回の折り返しをいかに効率よく攻略できるかがポイントとなる。

風が強いコンディションで実力を発揮する日本人唯一のパイロット室屋義秀は、この空域での飛行経験がある上に、 新型機EDGE 540 V3によりスピードを得たことで、好結果が期待される。
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top