ヤマハ発動機、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産300万台達成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤマハ発動機、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産300万台達成

新着 ビジネス

ヤマハ発動機、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産300万台達成
  • ヤマハ発動機、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産300万台達成
  • ヤマハ発動機、電動アシスト自転車用ドライブユニット累計生産300万台達成
ヤマハ発動機株式会社とヤマハモーターエレクトロニクス株式会社(YEJP)は、1993年より製造を開始した電動アシスト自転車用ドライブユニットの累計生産台数が300万台に到達したことを記念し、4月10日に静岡県森町のYEJP本社工場にてセレモニーを行った。

セレモニーでは、ヤマハ発動機生産本部長の山地勝仁氏、YEJP代表取締役社長の五條健利氏をはじめ両社関係者ら約50名が列席。

ヤマハ発動機ビークル&ソリューション事業本部長の加藤敏純氏は、「22年前、この工場から世界で初めて電動アシスト自転車が産声をあげました。品質追求と製品進化への努力の結果、現在では国内だけでなく海外でも多くのお客様に愛されています。これからも世界のお客さまに感動を届けられるよう、一丸となって電動アシスト自転車のさらなる進化・発展に取り組みたい」と述べた。

YEJPは、電動アシスト自転車「PAS」シリーズに搭載するドライブユニットを生産している。国内外自転車メーカー向けドライブユニットの生産を行っており、生産台数は2013年は約24万台、2014年は約31万台。2015年は約35万台を計画している。

ヤマハ発動機は2013年10月に欧州向けに新開発ドライブユニット「PWシリーズ」の供給を開始、2015年1月には国内向け小型・軽量次世代ドライブユニットを搭載したPASシリーズを発売し、国内外市場に向け電動アシスト自転車事業のさらなる拡大を目指している。
《》

編集部おすすめの記事

page top