【ジロ・デ・イタリア15】バンデンブロック、7年ぶりの出場「チームを説得したし、期待に応えたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア15】バンデンブロック、7年ぶりの出場「チームを説得したし、期待に応えたい」

スポーツ 短信

ユルゲン・バンデンブロック(ロット・スーダル)
  • ユルゲン・バンデンブロック(ロット・スーダル)
  • アンドレ・グライペル(ロット・スーダル)
  • マキシム・モンフォール(ロット・スーダル)
ベルギーのユルゲン・バンデンブロック(ロット・スーダル)が、2015年ジロ・デ・イタリアに出場することが4月4日にチームから発表された。

ロット・スーダルはバンデンブロック、アンドレ・グライペル、マキシム・モンフォールの3人のジロ出場をすでに決定。バンデンブロックは2008年ジロで総合6位に入り、グランツールで自身初のトップ10入りを果たした。

それ以来7年ぶりのジロ出場に、バンデンブロックは意気込みを表している。

「もちろん、チームが僕をジロに選んでくれたことはとてもうれしい。ツールに出ないことは以前からはっきりしていたし、問題ない。ジロ出場は、総合ライダーとして僕のすべてが始まった場所への復帰なんだ」

「水曜日に僕はテネリフェ島(スペイン・カナリア諸島)へ行って、2週間半の調整をする。それからツール・ド・ロマンディでベストを尽くし、ジロをスタートする。過去数週間は、予定通りワールドツアーのティレーノ~アドリアティコとカタルーニャ一周に参戦した。ティレーノでは(総合)11位で、10位まではあと少しだった。カタルーニャではデクレルクがリーダージャージを獲ったときに、目標が変わったんだ」

「チームには僕を選んでくれと説得したし、期待に応えたい。ロマンディは、ジロのトップ10が現実的な目標かの参考になるだろう。去年のこの時期よりも調子はいいんだ。冬の間は、ツールのクラッシュのリハビリと基礎コンディションに取り組んだからね」
《》
page top