【ツール・ド・ランカウィ15】第6ステージ、オーストラリアの怪童ユワンが大会2勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・ランカウィ15】第6ステージ、オーストラリアの怪童ユワンが大会2勝目

スポーツ 短信
カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
  • カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
  • クリス・サットン(チームスカイ)
マレーシアの2015年ツール・ド・ランカウィ、3月13日の第6ステージはマラン~カラク間の96.6km。オーストラリアの20歳の怪童、カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)が集団スプリントを制し、今大会2勝目を挙げた。

序盤から逃げた4人は、アスタナが先導する集団にラスト20kmで捕まる。ゴールスプリントではランカウィ16勝の記録を持つアンドレア・グアルディーニ(アスタナ)が優勝候補筆頭だったが、最後に伸びず5位。その間にユワンが飛び出し、第3ステージに続く2勝目を挙げた。

2位はヤコブ・マレツコ(サウスイースト)、3位はクリストファー・サットン(チームスカイ)。

ユワンは「いいスプリントだったし、チームはうまくリードアウトしてくれた。僕はいい位置からジャンプし、狙いに行った。グアルディーニを注意していたけど、彼は少しトラブルを抱えていて上がってこなかった。だから、僕は全開で行ったんだ」と満足そうに語っていた。

ユワンはこれで総合首位のリーダージャージもキープした。

15日の第7ステージは、今大会の決戦の場となるフレイサーズ・ヒルへの頂上ゴールとなる。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top