アワーレコード記録保持者デニス、デッケルの挑戦にヒヤリ「これはかなり速いと思ったよ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アワーレコード記録保持者デニス、デッケルの挑戦にヒヤリ「これはかなり速いと思ったよ」

スポーツ 短信

アワーレコード新記録を樹立したローハン・デニス(BMCレーシング)2015年2月8日
  • アワーレコード新記録を樹立したローハン・デニス(BMCレーシング)2015年2月8日
  • トーマス・デッケル(2014年ガーミン・シャープ)
アワーレコード記録保持者、オーストラリアのローハン・デニス(BMCレーシング)は、オランダのトーマス・デッケルが自分の記録を上回るのではないかと、ヒヤヒヤしながら見ていたと明かした。

1月に地元オーストラリアのツアー・ダウンアンダーで総合優勝を挙げ、2月8日には52.491kmのアワーレコード新記録を樹立したデニス。

2月25日にはメキシコの高地でデッケルがこの記録更新に挑んだが、52.221kmとわずかに届かなかった。デニスは、デッケルの挑戦をインターネット経由で見ており、一時は自分の記録が抜かれるのではないかと心配していた。

「空港でライブストリームとツイッターを見ていた。僕のアワーレコードと比べて、彼がどれくらいで走っているか確かめようとしていたんだ。正直に言うと、ちょっと神経的にきつかったね。みんなのツイートを見ていたら、彼が30分で53km/hペースを維持していると言っていたんだ。これはかなり速いと思ったよ」

「しばらくたって52kmというのを見たときは、ちょっとリラックスできたよ。もうこれ以上見て、ストレスを感じる必要はないと思っていた。でも、彼が約250m差でフィニッシュしたときはちょっと目が覚めたよ。(トラック)1周差だからね」

デニスは短期間の休養を経て、今週末にフランスでレースを再開する。2月28日のクラシック・スッド・アルデシュと3月1日のドローム・クラシックのワンデーレース2連戦だ。

「今のところ様子を見つつ、チームをアシストする感じだね。最初はパリ~ニースまでレースする予定じゃなかったけど、チームが少し人数が足りなくて、助けてくれと頼まれたんだ。チームメイトと一緒に走り、楽しんで、少しレース経験を積むのは悪いことじゃないと思うよ」
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫ジュビロ磐田・小川航基のスーツ姿がイケメンすぎる!

編集部おすすめの記事

page top