【マヨルカ・チャレンジ15第2日】カミングスがMTNクベカに今季初勝利をもたらす | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【マヨルカ・チャレンジ15第2日】カミングスがMTNクベカに今季初勝利をもたらす

スポーツ 短信
2015年チャレンジ・マヨルカ第2日、スティーブン・カミングス(MTN)クベカが優勝
  • 2015年チャレンジ・マヨルカ第2日、スティーブン・カミングス(MTN)クベカが優勝
  • 2015年チャレンジ・マヨルカ第2日
  • 2015年チャレンジ・マヨルカ第2日
スペインの2015年マヨルカ・チャレンジ、1月30日の第2日はトロフェオ・アンドラトクス~ミラドール・デス・コロメールで149kmのレース。スティーブン・カミングス(MTNクベカ)がラスト1kmでのアタックを成功させ、ツール出場を決めたチームに今季初勝利をもたらした。

この日のコースは、前日よりもクライマー向きのプロフィール。レース序盤は10人の選手が逃げ、MTNクベカはここにヨハン・ファンゼイルを送りこむ。

100km地点の2級山岳の上り始めでファンゼイルは、ホセ・ゴンカルベス(カハルラル)、ディラン・ファンバーレ(キャノンデール・ガーミン)とともに飛び出し、他の7人を振り切る。

3人は終盤まで逃げ続け、残り3kmでファンゼイルがアタック。残り1.5kmで集団に捕まったが、この日の敢闘賞を受賞した。

直後、MTNクベカからさらにジャック・ジャンスファンレンスブルグがアタックし、集団を一列に引き延ばす。ここからの上り区間で今度はカミングスがアタックし、追いかけるアレハンドロ・バルベルデをタイム差なしで抑えて、今季初勝利を挙げた。3位には、6秒差でダビデ・フォルモロ(キャノンデール・ガーミン)が入った。

なお、今季初レースの別府史之(トレックファクトリーレーシング)は120位で完走している。

南アフリカのMTNクベカは2015年ツール・ド・フランスの出場権を獲得したばかり。このオフにBMCレーシングから移籍してきたカミングスは「今日の勝利はとてもうれしい。冬の間、いいトレーニングがたくさんできたから、今日のレースに集中するチャンスをくれて、すばらしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。僕は終盤ギリギリに先頭に戻ることができて、勝利をつかめたんだ」と喜びを表していた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top