【ツアー・ダウンアンダー15】エバンスは引退前に総合3位と健闘「次世代の選手にバトンを渡す」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】エバンスは引退前に総合3位と健闘「次世代の選手にバトンを渡す」

スポーツ 短信
ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第6ステージ、ローハン・デニスとカデル・エバンス(BMCレーシング)
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
  • ツアー・ダウンアンダー15、第6ステージ
2015年ツアー・ダウンアンダー、1週間後に引退を控えているカデル・エバンス(BMCレーシング)は20秒差の総合3位でレースを終え、まだまだ力が衰えていないことを証明した。

2009年にロード世界選手権、2011年にツール・ド・フランスを制したエバンスだが、地元オーストラリアのダウンアンダーでは最後まで総合優勝に手が届かなかった。昨年はサイモン・ゲランス(オリカ・グリーンエッジ)から、わずか1秒差で総合2位だった。

今年エバンスより上位に入ったのは若きチームメイトのローハン・デニス、そして2位のリッチー・ポート(チームスカイ)。表彰台全員がオーストラリア人となったのは、ダウンアンダーの17年の歴史で2度目のことだった。

37歳のエバンスは、表彰台の上から別れを告げられることに満足していた。

「表彰台に上がるのは、例え1番上じゃなくても、自分が世界3位なんだなと思うよ。このレベルで自転車レースにサヨナラするのは、ちょっと願っていた以上だ」

「何よりも、僕は最高のチームメイトとしてここに来た。次世代の選手にバトンを渡すため、ここでローハンにジャージと首位をもたらすためだったんだ」

BMCレーシングのジム・オショウィッツGMは「我々はカデルのためにここにやってきた。彼はトライし、3位になった。でも、ローハンの方がちょっとよかったんだ」と、エバンスの奮闘ぶりを称えた。

エバンスに残されたレースはあと1戦。2月1日にメルボルンで開催される自らの名を冠したレース、カデル・エバンス・グレートオーシャンロードレースだけだ。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top