【ツアー・ダウンアンダー15】総合優勝を挙げた若武者ローハン・デニス、エバンスの後継者に名乗り | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】総合優勝を挙げた若武者ローハン・デニス、エバンスの後継者に名乗り

スポーツ 短信
2015年ツアー・ダウンアンダー第6ステージ、ローハン・デニス(BMCレーシング)が総合優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第6ステージ、ローハン・デニス(BMCレーシング)が総合優勝
  • Stage 6
  • Stage 6
2015年ツアー・ダウンアンダーで総合優勝を挙げたのは地元オーストラリア・アデレード出身の24歳、ローハン・デニス(BMCレーシング)だった。

2位リッチー・ポート(チームスカイ)をわずか2秒差で抑え、間もなく引退する大先輩のカデル・エバンス(BMCレーシング)を3位に従えて、堂々と表彰台の頂点に上がった。

デニスは世界選手権ではトラックで団体追い抜き、ロードではチームタイムトライアルの世界王者のタイトルを誇り、ロンドン五輪でも団体追い抜きで金メダルを獲得。このダウンアンダーでも第3ステージと総合を制し、ロードレースでもオールラウンダーとしての高い才能を発揮した。

オーストラリア人として初めてロード世界選手権とツール・ド・フランスを制したエバンスの後継者として名乗りを挙げるのに、申し分ない活躍だった。

「ツアー・ダウンアンダーで優勝できるなんて、信じられない気分だ。カデルの最後のワールドツアーレースで達成できたことで、プレッシャーから解放されたよ」

「でも、この最終ステージは楽じゃなかった。スプリントではリッチー・ポートを追いかけた。彼がボーナスタイムを狙いにいく場合に備えてね。でも、チームがすばらしい走りをしたので、心配無用だった」

「彼らは完璧だった。僕の前を走り、風から守ってくれた。僕が後ろに下がったときも、誰かがつねに下がってきて前へと連れて行ってくれた。彼らがこの勝利を助けてくれたし、楽にしてくれたんだ」

チームへの感謝を惜しまなかった若武者デニスの次の大舞台は、2月に挑戦を控えているアワーレコードだ。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top