【全豪オープン15】スマイチェクが見せたスポーツマンシップ、爽やかにコートを去る男に大きな拍手 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全豪オープン15】スマイチェクが見せたスポーツマンシップ、爽やかにコートを去る男に大きな拍手

スポーツ 短信
ティム・スマイチェク(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • ティム・スマイチェク(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • ティム・スマイチェク(2015年1月21日)(c)Getty Images
  • ティム・スマイチェク(2015年1月21日)(c)Getty Images
21日のナイトセッションでラファエル・ナダルと対戦し、あと一歩のところまで追い詰めたティム・スマイチェクに世界中から賞賛が寄せられている。

試合はナダルの急な体調不良もあり、予選から勝ち上がったスマイチェクにグランドスラマーを倒す千載一遇のチャンスがめぐってきた。第3セットを終えセットカウント2-1とリードしたスマイチェク。

しかし、そこからナダルが意地を見せ2-2まで戻し、第5セットもゲームカウント6-5でリード。キープすれば勝利が決まるサービスゲームを30-0で有利に進めていた。

マッチポイントを目指しナダルがサービスをトスアップする。そのとき観客席から叫び声が上がり、ナダルはサーブをロングした。ナダルは声のしたほうを睨みつけ苛立ちを露わにする。

セカンドサーブから試合続行と思われたとき、スマイチェクは「今のサーブはやり直すべきだ」と主張した。

「相手が誰だろうと関係ない。あのときはプレーの妨げになっていた。僕は正しい事をしただけだよ」試合後のスマイチェクは、大勢の報道陣に注目される前で照れくさそうに語った。

ファーストサーブを打ち直したナダルはこのポイントを取り、40-0でマッチポイントを掴む。ここからスマイチェクもナダルのマッチポイントを3度しのぎ、デュースに持ち込んだ。

最後はナダルが激闘を制したが、敗れたスマイチェクには「大したことをしたわけじゃないって態度が格好いい」「スマイチェクかっこよかった」「大金星を目前にしての素晴らしい行動」「あの場面でこの行動に出れるのは素晴らしい」「スマイチェクは真の紳士だ」など勝者にも劣らない賞賛が浴びせられている。

ナダルも試合後に「4時間以上戦い、最後にあれができる選手は多くない。彼に感謝するとともに、お手本にすべきものだと思う」と語った。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top