エティックス・クイックステップのプレゼンテーション、チーム内対決はカベンディッシュが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

エティックス・クイックステップのプレゼンテーション、チーム内対決はカベンディッシュが優勝

スポーツ 短信
エティックス・クイックステップのチームプレゼンテーション「ベロドローム・ショーケース」
  • エティックス・クイックステップのチームプレゼンテーション「ベロドローム・ショーケース」
  • エティックス・クイックステップのチームプレゼンテーション「ベロドローム・ショーケース」
ベルギーのエティックス・クイックステップは、1月14日にベルギー・ヘントの自転車競技場でチームプレゼンテーションを開催。チームの選手同士がトレックレースで競い合う独自のイベントも行われ、来場者を楽しませた。

このイベントは「ベロドローム・ショーケース」と名付けられ、今年で3年目の開催。満員のゲストや観客の前で、選手たちがひとりずつ紹介され、その後はお互いにトラックレースで対決した。

レースは、スプリントやエリミネーションレース、さらに誰が最もゆっくり走るかレースや、スポーツディレクター(監督)たちのレースなどバラエティに富んだ内容で行われた。全レースを通じた総合優勝は、エーススプリンターのマーク・カベンディッシュが獲得した。

イベント中も選手たちはファンと即席サイン会などで触れ合い、またトム・ボーネンのガールフレンドが双子の赤ちゃんを妊娠していることも発表された。

カベンディッシュは、他に類のないイベントを満足そうに振り返った。

「チームプレゼンテーションでレースするチームが、プロトン内で他にいるとは思わないね。エティックス・クイックステップのベルギーのルーツを証明している。スポンサーや、ゲスト、ファンは僕たちがただ立って話す代わりに、バイクレースを見ることができて楽しんだと思う。すばらしいことだし、いい一体感だと思う」

「観客と同じく、選手たちにとってもすごく楽しいんだ。バイクレーサーがレースする新たなイベントを提供していると思う。僕たち全員が競争好きだけど、自転車に乗っているときも乗っていないときも、お互いにレースしているときですらも、僕たちは家族だ。それがエティックス・クイックステップを特別なものにしているんだ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top