ウィギンスがアワーレコード挑戦を表明「子どものころから夢だった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウィギンスがアワーレコード挑戦を表明「子どものころから夢だった」

スポーツ 短信
2014年UCIロード世界選手権・男子エリート個人TT、ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)が優勝優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート個人TT、ブラッドリー・ウィギンス(イギリス)が優勝優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第8aステージ、ブラッドリー・ウィギンス(チームスカイ)が優勝
新チーム設立を発表したブラッドリー・ウィギンスが、噂されていたアワーレコードに2015年夏に挑戦することも1月8日に表明した。

ウィギンスは「少年のころからアワーレコードは夢だった。誰でもチャンスはあるし、世界の一流選手に対しての自分自身の基準を持てるんだ。僕たちは過去数年の自転車人気の成長を見てきたし、ウィギンス(新チーム)によって新世代のサイクリストに刺激を与えたいんだ」と意気込みを語っている。

1時間に自転車でどれだけ長い距離を走れるか競うアワーレコードは2014年5月のルール改正により挑戦者が続出。現在はマティアス・ブランドル(IAMサイクリング)がマークした51.852kmが世界記録となっているが、2015年も多くの挑戦者がこの記録に挑む予定だ。

ウィギンスはトラック競技とロードの個人タイムトライアルで五輪金メダルを7つ獲得し、2012年にはイギリス人初のツール・ド・フランス総合優勝を達成。さらに昨2014年にはロード世界選手権の個人TTを制するなど、イギリス自転車競技史上最も成功した選手のひとりである。

ウィギンスの挑戦の日程は2015年春に明らかにされ、その模様はイギリス全土で生中継される予定である。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top