2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長

ライフ 社会
2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長
  • 2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長
  • 2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長
  • 2014年の電動アシスト自転車販売、金額ベースで9%の成長
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンは、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。

2014年の電動アシスト自転車販売は、台数ベースでは前年比1%減となった。消費増税前の駆け込み需要により3月には同65%増を記録したものの、その後10月までは増税後の反動減に加え、前年実績が極めて高いレベルであったことも影響し、マイナス成長から脱することができなかった。結果、通年ではわずかに前年を下回った。

台数がマイナス成長に至った反面、チャイルドシート設定車など高額商品の販売が好調であったことから、金額ベースでは同9%増とした。台数ベースにおける成長鈍化の要因としては、増税の影響の他に、新規需要が従来のペースで増え続けていないことも考えられる。

子供を同乗させるために使用するチャイルドシートを設定したモデルは年々増加しており、2014年では数量構成比で22%に達した。チャイルドシート設定車と、そうでない車種とでは、売価に1.5倍以上の開きがあるとし、このことは、電動アシスト自転車市場において金額ベースでの成長が台数ベースのそれを上回る一因になっていると分析。またチャイルドシート設定車の税抜き平均価格自体も2014年については前年から僅かに上昇した。

同車種はターゲットが限定されるため、子供を乗せる母親目線での安全性や乗りやすさの機能訴求や、商品コンセプトないしデザインの提案を施し易く、その付加価値を価格に転換できていることが、単価アップの要因になっているとみている。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top