ウェアラブル端末、2020年には国内680万台に……2014年は130万台規模 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウェアラブル端末、2020年には国内680万台に……2014年は130万台規模

ウェアラブル 国内
国内のウェアラブル端末市場規模予測(製品カテゴリ別)
  • 国内のウェアラブル端末市場規模予測(製品カテゴリ別)
 シード・プランニングは5日、「ウェアラブル端末」の市場展望に関する調査結果を発表した。公開情報をもとに、市場への参入事業者動向と消費者動向、現在展開されているウェアラブル製品のトレンドを分析したものとなっている。

 それによると、国内ウェアラブル市場は、業界の大手各社がウェアラブル事業に本格的に取り組み、さまざまな製品が市場に投入され、2014年時点で130万台規模と推定された。2015年にはApple社がApple Watchを投入し、非常に大きいインパクトを市場に与えると予想されている。

 その波及効果は少しずつ一般ユーザーにも広がり、腕時計型(ウォッチ型)を中心に市場が大きく成長、メガネ型端末は2018年頃から市場を形成するが、腕時計型が過半を占め、国内ウェアラブル端末の2020年の市場規模は680万台と予測されている。
《冨岡晶@RBBTODAY》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top