【UCIロード世界選手権14】BMCがチームTT初優勝「僕たちがワールドチャンピオンだ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】BMCがチームTT初優勝「僕たちがワールドチャンピオンだ」

スポーツ 短信

2014年UCIロード世界選手権、男子エリート・チームTTはBMCレーシングが優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権、男子エリート・チームTTはBMCレーシングが優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権、男子エリート・チームTTはBMCレーシングが優勝
  • BMCレーシング
  • ティージェイ・バンガーデレン(アメリカ)参考画像
  • ペーター・ベリトス(スロバキア)参考画像
  • ダニエル・オス(イタリア)参考画像
世界選手権ロードは9月21日、男子エリート・チームタイムトライアルでBMCレーシング(米国)が初優勝を飾った。

2014年はオメガファルマ・クイックステップ(ベルギー)がオリカ・グリーンエッジ(オーストラリア)を1秒以内の僅差で破ったこのレースだが、2014年はこの両チームをはるかに上回るタイムをマークしたのがBMCレーシングだった。

BMCレーシングはティージェイ・バンガーデレン、ダニエル・オス、マヌエル・クインツァート、ローハン・デニス、シルバン・ディリエ、ペーター・ベリトスの6人で出走。57.10kmのコースで、3カ所の中間計測をすべてトップで通過し、1時間03分29秒のタイムで金メダルをつかんだ。

オリカ・グリーンエッジは31秒差で2年連続の2位、2連覇中だったオメガファルマ・クイックステップは序盤の遅れを挽回したものの35秒差の3位。最後にスタートしたこの2チームは、後半の下り区間で小雨に遭遇しやや失速したが、BMCレーシングとのタイム差を逆転するのは難しかったかもしれない。

スカイ(英国)はレース半ばでギリギリの4人まで人数を減らしながらも37秒差の4位、ティンコフ・サクソ(ロシア)が46秒差の5位と続いた。

BMCレーシングのエース、バンガーデレンは「信じられない気分だ。チームは自信があったけど、この前までは不安だったんだ。今は僕たちがワールドチャンピオンだ。2年前は優勝まであと2秒だったし、そのことが僕たちの心の片すみにあった。僕たちは強いチームだし、すべてをきちんとまとめなければいけないのはわかっていた。ただ落ち着いて、自分の仕事をしたんだ」と胸を張っていた。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top