【UCIロード世界選手権14】チームTT、男子はBMCが初優勝 女子はスペシャライズド・ルルレモンが3連覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】チームTT、男子はBMCが初優勝 女子はスペシャライズド・ルルレモンが3連覇

スポーツ 短信

2014年UCIロード世界選手権、男子エリート・チームTTはBMCレーシングが優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権、男子エリート・チームTTはBMCレーシングが優勝
  • BMCレーシング
世界選手権ロードが9月21日にスペイン・ポンフェラーダで開幕し、初日の競技として男女エリートのチームタイムトライアルが行われた。

男子エリートは57.10kmのコースで争われ、BMCレーシング(米国)が1時間03分29秒85で初優勝。2位は31秒84差でオリカ・グリーンエッジ(オーストラリア)、この種目で3連覇をねらったオメガファルマ・クイックステップ(ベルギー)は35秒22差の3位。オリカとオメガファルマは下り区間で小雨に見舞われる不運もあった。

女子は36.15kmのコースを走り、スペシャライズド・ルルレモン(米国)が43分33秒35で3連覇を達成。1分17秒56差で2位はオリカAIS(オーストラリア)、2分19秒64差で3位はアスタナ・べピンク・ウィメンズチーム(イタリア)が続いた。
《》

編集部おすすめの記事

page top