「お台場・臨海地区に自転車特区を」谷垣自民党幹事長が構想 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「お台場・臨海地区に自転車特区を」谷垣自民党幹事長が構想

谷垣禎一自民党幹事長が、2020年東京五輪の中心エリアとなるお台場・臨海地区に「自転車特区を作って、都市交通の実験をしたい」との構想を披露した。

スポーツ まとめ
谷垣禎一日本サイクリング協会会長(自民党幹事長)
  • 谷垣禎一日本サイクリング協会会長(自民党幹事長)
  • 谷垣禎一日本サイクリング協会会長(自民党幹事長)
  • 谷垣禎一日本サイクリング協会会長(自民党幹事長)
谷垣禎一自民党幹事長が、2020年東京五輪の中心エリアとなるお台場・臨海地区に「自転車特区を作って、都市交通の実験をしたい」との構想を披露した。

政界屈指の自転車愛好家で日本サイクリング協会会長、自転車活用推進議員連盟会長なども務める谷垣幹事長は、9月20日、自ら実行委員長を務める「東京サイクリングサミット2014」の席上、「2020年五輪開催に向けて都市インフラや都市交通の再構築を進める中で、自転車利用の日本モデル、文化を作っていく必要があると思う。オリンピックに向けて整備が必要なお台場周辺で自転車特区を作って、自転車レーンやシェアサイクルを運用し、テストできないか提案したいと思っている」と話した。

ニューヨークやパリなど海外都市の自転車利用の実績を踏まえ、「都市交通には渋滞や排気ガスなど大きな問題があり、自転車を利用しやすいように変えて、都市交通の一種のインフラに持っていく必要がある。頭の中ではまだ具体的ではないが、自転車レーンをどうしていくか、交通法規をどうしていくか、特区を作って実験していく必要がある」

「オリンピックに向けて整備が進むお台場・臨海地域では、いろんな実験が行えると思っている」とまだ構想段階ながらも、自転車を活用した将来の都市交通のあり方をテストする場の必要性を訴えていた。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top