【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】デゲンコルブはポイント賞に意欲「グリーンジャージを守るためにベストを尽くす」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】デゲンコルブはポイント賞に意欲「グリーンジャージを守るためにベストを尽くす」

2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月10日の第17ステージはジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が集団スプリントで今大会4勝目を飾った。

スポーツ 短信
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ、ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • 2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ、ジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月10日の第17ステージはジョン・デゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)が集団スプリントで今大会4勝目を飾った。

ジャイアント・シマノは1日中レースをコントロールし、アップダウンの続くコースでデゲンコルブを守り続けた。チームメイトの期待に応え、ブエルタの通算ステージ優勝数を9勝と伸ばしたデゲンコルブは、ポイント賞でのリードも広げた。

デゲンコルブはチームを通じ、次のように語っている。

「今日は簡単そうに見えたけど、実際はそうじゃなかった。僕たちはそのために一生懸命頑張らなければいけなかった。この前よりも大変だったよ。今日はスプリントのために全力を尽くしたし、それが正しい判断だったことが証明されたんだ」

「強力なチームワークによる4勝目だ。僕たちのチームがスプリントが得意なのがみんなわかるだろう。終盤は厳しかったけど、昨日、僕たちはラスト10kmを下見していたし、今日はすべてが休息日に計画した通りにうまくいった」

「スプリントの機会はもうあまりないけど、もちろん僕はワレン(バルギル)の総合10位以内を守るためにアシストする。金曜日は上りを生き残れば、僕にチャンスがあるかもしれない。グリーンジャージ(ポイント賞)を守るためにベストを尽くすよ」
《》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top