【アンカー2015年モデル】新モデルRT9の開発思想「アンカーはレーシングバイクである」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【アンカー2015年モデル】新モデルRT9の開発思想「アンカーはレーシングバイクである」

新着 ビジネス

ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
  • ブリヂストン アンカー 2015年モデル
ブリヂストンサイクルが2015年モデルを発表した。発表会で登壇したマーケティング担当の出井氏は「開発を続けていくといくつものカベがありましたが、今年も良い商品を届ける事ができると自負しています」と自信を述べた。

ブリヂストンサイクルに関しての紹介では、アンカー、ブリヂストングリーンレーベル、ヘルムズについてコンセプトなどを解説。全方位でラインアップを拡充している取り組みを披露した。

2015年のヘルムズでは、「街でスマートに乗る」をコンセプトに5カテゴリー13色のなかからカスタムオーダーすることができるようになった。ラインアップは、大きくカーボンベルトのSSSDとChain。発売時期は2014年9月下旬とした。

スポーツモデルをラインアップするアンカーには、ブランドとして50年の歴史があり、レース活動と機材開発をに関して相互のフィードバックを繰り返してきた。

アンカーブランドの主軸となるRL8、RS8。これは2014年まで「絶好調」とのことで、2015年は新デザインを展開する。コンセプトはラグジュアリー。ブラックを貴重としたカラーリングを採用する。また、RFA5は白を貴重にした新デザインを展開する。

2015年はレースシーンの強化を目指し新モデルのRT9、また山遊び、トレイルシーンをサポートするXNC7を展開する。

XNC7、タイプ27.5/650Bを用意。本物を愛する人に乗ってほしいとしている。価格はELITE(XT仕様)が33万5000円、EQUIPE(SLX仕様)が24万5000円、フレームが13万円としている。

「アンカーはレーシングバイクである」という思想から作られたのが新型RT9。エンジニアとデザイナーが早い段階で議論しながら作っていったことで、高次元のものづくりが実現した。フレーム販売価格は39万円、2015年4月の販売予定としている。

CX6はマイナーチェンジとなった。
《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top