【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第9ステージはアナコナが頂上逃げ切りでプロ初勝利 マイヨロホはキンタナへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第9ステージはアナコナが頂上逃げ切りでプロ初勝利 マイヨロホはキンタナへ

2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、8月31日の第9ステージはカルボレナスデグアダサオン~アラモンバルデリナレス間の185km。雨の中レースは最後の1級山岳頂上ゴールの上りに突入した。

スポーツ 短信
ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージを制したウイネル・アナコナ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージを制したウイネル・アナコナ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージでアタックしたアルベルト・コンタドール
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ、山頂ゴールまで残り8kmのプロフィールマップ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージで首位に立ったナイロ・キンタナ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、8月31日の第9ステージはカルボレナスデグアダサオン~アラモンバルデリナレス間の185km。雨の中レースは最後の1級山岳頂上ゴールの上りに突入した。

先頭3人、ウイネル・アナコナ(ランプレ・メリダ)、ボブ・ユンゲルス(トレックファクトリーレーシング)、ハビエル・モレノ(モビスター)の中から、残り6kmでアナコナが他の2人を置き去りにし、単独先頭に立つ。

メイン集団はオメガファルマ・クイックステップ、スカイのペースアップで人数を減らしていくが、タイム差は約4分。総合で2分50秒差につけるアナコナは、マイヨロホ獲得の可能性も出てきた。

しかし、残り2kmでメイン集団から総合3位につけるアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がアタックし、ナイロ・キンタナ(モビスター)、ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)が追走。マイヨロホのアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)、クリストファー・フルーム(スカイ)は反応できない。

一方、先頭ではアナコナが単独でゴールラインに飛び込み、プロ初勝利をつかんだ。2位は45秒差でアレクセイ・ルツェンコ(アスタナ)、3位は50秒差でダミアーノ・クネゴ(ランプレ・メリダ)。

コンタドール、ロドリゲス、キンタナは2分16秒差の同タイムでゴール。バルベルデとフルームは、そこからさらに23秒遅れた。

この結果、総合首位のマイヨロホはキンタナに移り、2位は3秒差でコンタドール、3位は8秒差でバルベルデと僅差。アナコナはわずかに及ばず9秒差の4位、フルームは28秒差の5位となった。

その他のジャージに変更はなく、ポイント賞はジョン・デゲンコルプ(ジャイアント・シマノ)、山岳賞はルイス・マス(カハルラル)、複合賞はバルベルデ。敢闘賞はマスが受賞した。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top