【ツール・ド・ポローニュ14】最終日前日にマイカが区間2勝目、総合首位に躍り出る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・ポローニュ14】最終日前日にマイカが区間2勝目、総合首位に躍り出る

東欧のポーランドを舞台にしたステージレース、第71回ツール・ド・ポローニュ。第6ステージはブコビナ・テルマ・ホテル・スパからブコビナ・タトシャンスカの174kmで行われた。

スポーツ 短信
夕陽をあびながらゴールするマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 夕陽をあびながらゴールするマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • スタート直後に強い雨が降る(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 大粒の雨(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 前半は逃げ集団が形勢(ツール・ド・ポローニュ14)
  • メイン集団を先導するティンコフ・サクソ(ツール・ド・ポローニュ14)
  • マイカ区間2勝目(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 大会マスコット、ポーラのぬいぐるみは観客にプレゼント(ツール・ド・ポローニュ14)
  • 総合首位も手に入れたマイカ(ツール・ド・ポローニュ14)
東欧のポーランドを舞台にしたステージレース、第71回ツール・ド・ポローニュ。第6ステージはブコビナ・テルマ・ホテル・スパからブコビナ・タトシャンスカの174kmで行われた。

標高差300m弱のアップダウンをひたすら繰り返す山岳地帯の周回コースを使用した第6ステージ。スタートと同時に強い雨が降り出し雨のレースになるかと思われたが、30分も待たずに天候は回復した。前半から逃げ集団が形勢され、メイン集団は総合2位のポーランド人、ラファル・マイカの率いるティンコフ・サクソによって主にコントロールされた。

最終周回には逃げ集団も捕まり、ゴールまで残り13kmとなった上りでマイカがアタックを仕掛けたことでメイン集団は分断される。残り2kmとなったところでマイカが再びアタック。これが見事に決まった。そのままマイカは大観衆の待つゴールへと駆け込んだ。

総合リーダーだったチェコ人のペテル・バコッチ(オメガファルマ・クイックステップ)はマイカから48秒遅れの15位。総合成績でも11位に落ちてしまった。

最終日、第7ステージはクラクフ市内で25kmの個人タイムトライアルだ。マイカから総合11位のバコッチまで、総合成績上位11人がタイム差1分以内にひしめき合っている。
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top