子どもを持つ家庭のスマホ・タブレット利用動向 タカラトミー調べ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

子どもを持つ家庭のスマホ・タブレット利用動向 タカラトミー調べ

ライフ 社会

保護者のスマートフォン/タブレット所有率
  • 保護者のスマートフォン/タブレット所有率
  • 家族のスマートフォン/タブレット所有率
  • 子ども向けに購入したアプリの価格帯
 タカラトミーエンタメディアは10日、子どもを持つ家庭のスマホ・タブレット利用状況について、調査した結果を発表した。調査時期は2014年5月26日~29日で、0~9歳の子どもがいる20~45歳の父親・母親339名から回答を得た。

 まず「保護者のスマートフォン所有率」は、前回(2013年6月調査)の58.0%から、2014年は70.4%と12.4ポイント増。タブレットも2013年の21.4%から、26.4%と5.0ポイント増加した。「子ども専用スマートフォン所有率」は0.4ポイント増の17.6%、タブレットは2.1ポイント増の6.1%、家族共有のスマートフォンは1.4ポイント増の5.3%、タブレットは6.5ポイント増の20.9%
だった。

 「子ども向けの有料アプリ購入」に関しては、66.7%が「無料アプリで十分なので今後も購入する予定はない」と回答する一方、残る約3割の保護者は「購入したことがある」「内容によっては購入しても良い」と回答している。また「タブレットやスマートフォンを利用した知育定額制サービスに加入したことがある」回答者は25.1%。「利用したことはないが、今後は検討している」と答えた回答者は22.1%で、興味関心を持っている保護者が約5割近くとなっている。
《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top