【ツール・ド・東北14】エントリー開始!参加募集3000名、220kmコースやパラサイクリング用意 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北14】エントリー開始!参加募集3000名、220kmコースやパラサイクリング用意

イベント ツアー
ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
  • ツール・ド・東北14 広報大使・東北応援大使の就任発表
河北新報社とヤフーは、6月10日ツール・ド・東北14のエントリーを開始した。これにともない、広報大使・東北応援大使の就任発表会を都内で開催した。

ツール・ド・東北は、2014年は9月14日(日)、宮城県の三陸沿岸2市2町(石巻市、女川市、南三陸町、気仙沼町)を舞台に開催する。

サイクリストに対して、地域の自然を体感してもらうことに加え、被災地のようすを体感してもらうことで、震災の記憶を未来に残す事を目的としている。

2014年の募集人員は3000名。これは2013年の1500名からの2倍増で、気仙沼を折り返し地点とする220kmのコースも新設した。

公式サイトでは、気仙沼フォンド220km、南三陸フォンド170km、北上フォンド100km、女川・雄勝フォンド60kmの4コースを用意。個人申し込みに加え、チーム申し込みも用意している。

ツール・ド・東北では、サイクリストだけでなく、同行者やボランティア、インターネットでの閲覧者などすべてを「参加者」とみなしている。そうした考えのもと、ボランティアチーム「ツール・ド・東北 クルー」を発足する。クルーとしてエイドステーションでの活動、運営サポートなどに参加した場合は、翌年の大会でライダーとして参加できる優先出走権を得られる。

発表会見で挨拶したヤフーの宮坂学社長は「はじめた以上は10年はやっていこうとおもっています。毎年毎年、東北の復興は進んでいきますので、このイベントも毎年毎年進化させていきます。気持ちとしてはもっと増やしていきたいのですが、募集は3000名とさせていただきます」

「今回は220kmの距離を用意します。被災エリアは約400kmありますが、今年は気仙沼まで足をのばす事ができます。現地を自らの目で見ていただく機会になればいいなと思います。私も昨年60kmを走りました。沿道の方々が応援してくれて、有り難く涙が出る想いでした」と話した。

河北新報社の一力雅彦社長は「2013年は成功裏に終わりました。98%の方がまた参加したいと考えてくれました。2014年は開催時期を約2か月前倒しします。そうすることで日が長くなり、参加者を3000名、220kmの長距離コースの設定なども新たにしました。ツール・ド・東北の魅力を全国に発信していきたいと考えています」とコメントした。


2014年ツール・ド・東北開催詳細は以下。

開催日:2014年9月14日(受付:2014年9月13日)
スタート:5時30分
終了:17時30分(全フォンド終了)
会場:石巻専修大学(スタート・ゴール地点)
ライドイベントの定員:3000名

参加費(税別)
気仙沼フォンド220km:15000円
南三陸フォンド170km:11000円
北上フォンド100km:9000円
女川・雄勝フォンド60km:7000円
《土屋篤司》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top