【ツール・ド・フランス15】ゲシュケ、男泣きのツール初勝利「誰も予想していなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランス15】ゲシュケ、男泣きのツール初勝利「誰も予想していなかった」

イベント スポーツ
ツール・ド・フランス第17ステージをシモン・ゲシュケが制す(2015年7月22日)
  • ツール・ド・フランス第17ステージをシモン・ゲシュケが制す(2015年7月22日)
  • ツール・ド・フランス第17ステージをシモン・ゲシュケが制す(2015年7月22日)
  • 2015年ツール・ド・フランス第17ステージ、シモン・ゲシュケ(ジャイアント・アルペシン)が優勝
  • http://www.letour.fr/le-tour/2015/us/stage-17/news/int/simon-geschke-171-i-ve-been-dreaming-about-this-since-i-started-cycling-187.html
2015年ツール・ド・フランス、7月22日の第17ステージ。29歳のドイツ人、シモン・ゲシュケ(ジャイアント・アルペシン)がツール3度目の出場で初めてのステージ優勝をつかんだ。

ラスト50kmでライバルの先手を打ってアタックしたゲシュケは、独走で峠越えをこなし、勝利を手に入れた。父のユルゲンはトラック競技五輪メダリストのゲシュケ。プロ通算では2011年クリテリウム・アンテルナシオナルでのステージ優勝、2014年GPギッペンゲンに続く3勝目となった。またチームにとっても、今年のツールでうれしい初勝利となった

いつもはアシストとしてチームに貢献するゲシュケは、男泣きで喜びを表した。

「ツールのステージ優勝は信じられない。自転車を始めたころから夢見ていたんだ。でも、簡単じゃなかった。僕はスプリンターじゃないし、クライマーでもない。ただのオールラウンダーなんだ」

「過去2年、僕たちはキッテルとともに第1ステージを勝つのに慣れていたし、それでチームにかかるプレッシャーがなくなっていた。今回は成功をつかむのが難しかったけど、決して希望は失わなかったし、チームの雰囲気はずっとよかった。僕がチーム内で最初のステージ優勝者になるとは誰も予想していなかったよ」

「今日は、リッチー・ポート、ティボー・ピノ、アンドリュー・タランスキーと一緒だった。彼らが長い上り(アロス峠)で僕を引き離すかもしれなかった。だから、勝つための唯一の方法は、上りの前で飛び出すことだった。下りは難しかったけど、それも自転車の一部だ。上りの頂上では限界だった。すべてのコーナーで注意し、うまくいったんだ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top