アテネ五輪ロード代表に連れていってもらう奥入瀬渓谷サイクリング | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アテネ五輪ロード代表に連れていってもらう奥入瀬渓谷サイクリング

イベント ツアー
奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 奥入瀬渓谷
  • 田代恭崇
アテネオリンピックの個人ロードレース日本代表、現役時代はヒルクライムの王者と言われたLINKAGE CYCLING(リンケージサイクリング)の田代恭崇と一緒に、十和田湖周辺の約7kmの上り(ヒルクライム)やすばらしい景観の奥入瀬渓谷を走るランチ懇親会付きサイクリングが7月21日に開催される。

拠点となる青森県の奥入瀬渓流館をスタートし、奥入瀬バイパスを上り、十和田湖に下る。そして美しい奥入瀬渓谷をサイクリングするというコース。ヒルクライム入門者向けのヒルクライムの基本的な走り方やコツなどの講習も行いながら、楽しく走る。

走行スピードの目安は平坦で時速20~25km、上りは時速10~20kmくらい。ヒルクライムで遅れても大丈夫だという。サイクリングスタッフも帯同するので安心して参加できる。

サイクリング終了後は、農園キッチンNOR+H VILLAGE(スタートゴール地点そば)でランチ懇親会。旬の青森県産野菜と石窯ピザをカジュアルなビュッフェスタイルで提供してくれる。

元五輪選手からヒルクライム攻略方や、2013年に参加した世界一過酷 なアマチュアサイクリストの祭典、獲得標高2万1400m、走行距離880km、7日間のステージレースというオートルート・アルプスで総合19位、日本人初完走を果たした秘話なども聞けるかも。

田代恭崇と同じTeam TAUGE Japanのメンバーでオートルート・アルプスを完走した八戸学院大学の大谷真樹学長も一緒に走る予定。

当日悪天候の場合には奥入瀬渓流館の室内で「オートルート・アルプス 日本人初完走までの軌跡」講演とヒルクライム入門講習会となる。参加費はランチ代込みで9160円(税込み)。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top