【ジロ・デ・イタリア14】新城幸也、山岳タイムトライアルを終え、最後の山岳ゾンコランへ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】新城幸也、山岳タイムトライアルを終え、最後の山岳ゾンコランへ

スポーツ 短信

ジロ・デ・イタリア第20ステージの平たん区間を走る新城幸也
  • ジロ・デ・イタリア第20ステージの平たん区間を走る新城幸也
  • ジロ・デ・イタリア第20ステージは苦手と言われるタイムトライアルだが、総合上位を死守したいピエール・ローランがスタート
ヨーロッパカーの新城幸也がジロ・デ・イタリア第19ステージとして設定されたヒルクライム個人タイムトライアルを走り、124位でレースを終えた。残すはあと2日。31日の第20ステージは大会の名物とも言えるゾンコラン山頂にゴールする。

この日の個人タイムトライアルはスタート後7kmほどの平坦区間から、一気に標高1712mまで駆け上がる山岳タイムトライアル。途中、平坦区間のタイムトライアルバイクから、上り用の山岳マシンに乗り換えるチームがあるものの、ヨーロッパカーは上り用のノーマルバイクのみでスタートしていった。

ステージを走り終えた新城は「もうすぐ。あと少しだけど、明日はゾンコラン。(エースの)ピエール(・ローラン)の総合成績は4位に落ちてしまったから、表彰台まで引き上げるには明日しかない。できるかぎりアシストとしての走りをするだけ」と決意を語った。
《》

編集部おすすめの記事

page top