【プロ・モトクロス選手権 第1戦】マーティン、250クラス完勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ・モトクロス選手権 第1戦】マーティン、250クラス完勝

スポーツ 短信

250クラスのモト・スコアで3位となったコール・シーリー
  • 250クラスのモト・スコアで3位となったコール・シーリー
  • 250クラスで完勝したジェレミー・マーティン
  • 250クラスの表彰台(左からコール・シーリー、ジェレミー・マーティン、クーパー・ウェッブ)
2014年シーズンのプロ・モトクロス開幕戦はカリフォルニア州サンベルナルディノのグレン・ヘレンに2万7000人のファンを集めて行われ、250クラスではYamalube/スターレーシング/ヤマハのジェレミー・マーティンが1-1のモト・スコアで自身初の勝利を飾ることとなった。

ミネソタ州出身の21歳のマーティンは2つのモトで全ラップをリードするという速さを見せ、1-1のモト・スコアで完勝した。

2位にはマーティンのチームメイトであるクーパー・ウェッブが2-2のモト・スコアで入賞し、トロイリー・デザインズ/ルーカスオイル/ホンダのコール・シーリーが4-4のモト・スコアで3位に入賞することとなった。

マーティンは彼のプロフェッショナル・モトクロスのキャリアにおいて初めて、250クラスのポイントリーダーとして第2ラウンドのハングタウン、サクラメントに臨むこととなる。

なお、プロ・モトクロスの第2ラウンドは、5月31日に開催。カリフォルニア州サクラメントにてゴープロ・ハングタウン・モトクロス・クラシックが行われる予定である。

250クラス(モト・フィニッシュ)

1. ジェレミー・マーティン/ヤマハ(1-1)
2. クーパー・ウェッブ/ヤマハ(2‐2)
3. コール・シーリー/ホンダ(4‐4)
4. ブレイク・バゲット/カワサキ(8‐3)
5. クリストフ・パワセル/ヤマハ(7‐5)

250クラス・チャンピオンシップスタンディングス

1. ジェレミー・マーティン/ヤマハ ‐ 50
2. クーパー・ウェッブ/ヤマハ ‐ 44
3. コール・シーリー/ホンダ ‐ 36
4. ブレイク・バゲット/カワサキ ‐ 33
5. クリストフ・パワセル/ヤマハ ‐ 30

【プロ・モトクロス選手権 第1戦】マーティン、グレン・ヘレンの開幕戦において250クラス完勝

《河村兵衛@レスポンス》

編集部おすすめの記事

page top