【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間

スポーツ 選手

【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間
  • 【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間
  • 【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間
  • 【ジロ・デ・イタリア14】ウランがマリアローザを懸けて正念場の6区間
  • ジロ・デ・イタリア14 第15ステージ
  • ジロ・デ・イタリア14 第15ステージ
  • ジロ・デ・イタリア14 第15ステージ
  • ジロ・デ・イタリア14 第15ステージ
  • ジロ・デ・イタリア14 第15ステージ
24日間という異例の日程で開催されているジロ・デ・イタリアは、いよいよ5月27日にイタリアアルプスでの山岳コースに突入。総合1位のリゴベルト・ウラン(オメガファルマ・クイックステップ)がコロンビア勢初の総合優勝をねらう。

ウランは総合2位カデル・エバンスに1分03秒差をつけて残り6区間に挑む。スカイチームに所属した2013年は総合2位。コロンビア勢特有の上りの強さに加えて、ロンドン五輪銀メダルで見せた総合力も備える。

コロンビア勢が優勝すればジロ・デ・イタリア史上初。三大大会のブエルタ・ア・エスパーニャでは1987年にルッチョ・エレラが総合優勝している。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top