アジア選手権開幕 ポイントレースで中村妃智、ジュニアのスクラッチで鈴木奈央が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アジア選手権開幕 ポイントレースで中村妃智、ジュニアのスクラッチで鈴木奈央が優勝

スポーツ まとめ

男子ジュニア1kmタイムトライアルの野上竜太
  • 男子ジュニア1kmタイムトライアルの野上竜太
  • 男子ジュニア1kmタイムトライアル
  • 男子ジュニアスクラッチの松本憲斗
  • 男子ジュニアスクラッチ
  • 女子ジュニアスクラッチの鈴木奈央
  • 女子ジュニアスクラッチ
  • 男子エリートチームスプリント
  • 男子エリートチームスプリント
第34回アジア自転車競技選手権、第21回アジア・ジュニア自転車競技選手権がカザフスタンのアスタナで5月22日に開幕した。トラック初日はポイントレースで中村妃智(日本体育大)が、ジュニアのスクラッチで鈴木奈央(静岡・星陵高)が優勝した。

女子ジュニア500mタイムトライアルの鈴木奈央は38秒285で7位。男子ジュニア1kmタイムトライアルの野上竜太(鹿屋体育大)は1分05秒337で3位。

男子エリートチームスプリントの日本(中川誠一郎・渡辺一成・新田祐大)は44秒737で3位。男子ジュニアチームスプリントの日本(野上竜太・布居翼・松本憲斗)は48秒924で5位。男子ジュニアスクラッチ(10km)の松本憲斗(熊本・ルーテル学院高)は3位。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top