団長安田と小島よしおが表面上は仲よく自転車耐久を走る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

団長安田と小島よしおが表面上は仲よく自転車耐久を走る

エンタメ 芸能

団長安田と小島よしおが表面上は仲よく自転車耐久を走る
  • 団長安田と小島よしおが表面上は仲よく自転車耐久を走る
  • 団長安田と小島よしおが表面上は仲よく自転車耐久を走る
安田大サーカスの団長安田(39)と小島よしお(33)が芸能界最速チームを結成し、5月11日に静岡県の富士スピードウェイで開催された「富士ヴェロフェスタ」に殴り込んだ。「優勝をねらう」と豪語していたが、低調な記録に終わった。

1274人が参加した同イベントは、最大6人でチームを組んだり、あるいは単独で規定の時間内に1周4.5kmの国際レーシングサーキットを何周できるかを競うエンデューロ(耐久)レース。「一緒に乗りましょうよ」と声をかけた小島に団長が応じたという。

2人は、ツール・ド・フランスに日本人プロとして初出場した実績を持つ今中大介(50)を助っ人に迎え、4時間クラスで優勝を目指した。ところが筋肉量はあるものの持久力がない小島が大ブレーキ。加えて団長もこのところの練習不足で記録が伸びなかった。

表彰式では地元の協力企業として「スルガ銀行」の参加者と記念撮影に応じた団長が、得意とする「大和田常務」のモノマネが自転車選手にウケずにしょんぼり。一方の小島は「今回はチームメートだが、来年はライバルでボクのほうが強くなる」と倍返し。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top