満島ひかりと永山絢斗、交際後初2ショット!「そんな男はやめなさい」の声に… | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

満島ひかりと永山絢斗、交際後初2ショット!「そんな男はやめなさい」の声に…

エンタメ 芸能

映画『海辺の生と死』の完成披露試写会に出席した満島ひかりと永山絢斗(2017年6月27日)
  • 映画『海辺の生と死』の完成披露試写会に出席した満島ひかりと永山絢斗(2017年6月27日)
  • 満島ひかりと永山絢斗
  • 永山絢斗
  • 満島ひかりと永山絢斗
  • 永山絢斗
  • 満島ひかり
昨年5月に交際が明らかになった女優の満島ひかりと俳優の永山絢斗が6月27日、都内で行われた映画『海辺の生と死』(7月29日公開)の完成披露試写会に出席し、仲睦まじげな2ショットを見せた。

同作共演をきっかけに双方の事務所公認の交際に発展した2人は、劇中でも恋人役。

実在の人物をモデルにしたトエを演じた満島は「愛に生きた方。私自身にも同じようなところがあるので近いなと思う部分もある」と共感を寄せ、撮影中の出来事としてこんな事を振り返った。

満島ひかり

「地元の子供たちから『トエ先生は好きな人のために死ぬんですか?』と聞かれたので『そういう話だね』と言ったら『ダメだよ、そんな男はやめなさい』と子供たちに言われてしまった」。

これに観客たちが永山の存在を思い浮かべたのは当然のこと。それを察知してか満島はすぐさま「永山君のことじゃないです」と笑ってフォロー。永山を照れさせた。

イベント終了後は報道陣から交際についての声掛けがあったが、笑顔を浮かべただけで2人は何も話さなかった。

太平洋戦争末期の奄美群島・加計呂麻島を舞台に、私小説作家・島尾敏雄(永山)とその妻・島尾ミホ(満島)の若き日を綴ったラブストーリー。

祖母の故郷・奄美大島での撮影に満島は「泊まっていたホテルのロビーに祖母の弟が座っていたりして、方言にも耳馴染みがあった。上京したのが13歳なので、映画の撮影をしながらも13歳からの故郷の生活をやり直している不思議な感覚があった」とシミジミしていた。
《石井隼人》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top