パルコがプロデュースする、旅を楽しむデザイングッズショップが成田空港にオープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パルコがプロデュースする、旅を楽しむデザイングッズショップが成田空港にオープン

エンタメ 話題

成田空港に4月25日オープンとなったショップ「OMISE PARCO(オミセパルコ)」では、既存のパルコプロでキュースショップにゆかりのある300を超える若手作家やメーカー、海外人気ブランドの商品を紹介する。
  • 成田空港に4月25日オープンとなったショップ「OMISE PARCO(オミセパルコ)」では、既存のパルコプロでキュースショップにゆかりのある300を超える若手作家やメーカー、海外人気ブランドの商品を紹介する。
パルコが “「旅という生活」を楽しくするデザイングッズを売る売店”をコンセプトに、成田空港にショップ「OMISE PARCO(オミセパルコ)」を4月25日にオープンした。本出店は、パルコ外へ初となる。

「OMISE PARCO(オミセパルコ)」は、第一旅客ターミナルの全面リニューアルに伴い出店され、福岡パルコ「once A month」、渋谷パルコ「Meetscal store by once A month」に次ぐ、3店舗目のパルコプロデュースショップで、日本人だけでなく、海外からの来日客も多い成田空港で、外国人にも、旅立つ日本人にも楽しめる新タイプのデザイン物産ショップを展開する。

本ショップでは、「日本のリアルな今」をテーマに編集された、ファッション、カルチャーの要素を“機能性”や“伝統技術”、“テクノロジー”に落としたアイテムが揃う。

たとえば、日本を代表する若手デザイナーズブランド「アンリアレイジ」の日本の繊維メーカーだから実現した、紫外線で色の変わるシャツやカーディガンのシリーズや、レトロでポップなテイストと長崎・波佐見焼ならではの質感がマッチした陶磁器ブランド「ザ・ポーセリンズ」のアイテム、富山・越中和紙の技術とY2インターナショナルのアソビゴコロが活かされた武将のお面などなど、個性が光るアイテムが多数ラインナップ! 旅のついでに、ぜひ空港で立ち寄りたいイチオシのショップだ。

「OMISE PARCO(オミセパルコ)」は、成田空港第一旅客ターミナル中央ビル新館4F。営業時間は、8時~20時。年中無休。
《text:Miwa Ogata@cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

page top