オークリーがアイシェード30周年を記念した復刻版発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オークリーがアイシェード30周年を記念した復刻版発売

新着 製品/用品

スポーツアイウエアの先駆者的存在、オークリーがアイシェード誕生30周年を記念してスポーツヘリテージコレクションを2014年春にリリースする。
  • スポーツアイウエアの先駆者的存在、オークリーがアイシェード誕生30周年を記念してスポーツヘリテージコレクションを2014年春にリリースする。
スポーツアイウエアの先駆者的存在、オークリーがアイシェード誕生30周年を記念してスポーツヘリテージコレクションを2014年春にリリースする。

スポーツ用アイウエアの歴史は1984年に発売されたオークリーのアイシェードから始まったと言われる。当時このモデルをスキーショップで見つけた自転車選手のグレッグ・レモンが自分のレース用に購入。

これを着用して出場した1984年のツール・ド・フランスで新人賞、1985年にステージ優勝、そして1986年にはついに総合優勝を勝ちとった。レモンのこの活躍が世界中のアスリートに「自身の持つパフォーマンスを最大限に引き出すギア」としてアイウエアの重要性が認知されるきっかけとなったという。

スポーツヘリテージコレクションは3モデル。レーシングジャケットはインパクトのあるデザインが自転車競技選手に人気のモデル。3万円(税抜き)。レーダーは大きめのシールドレンズが眼をしっかりと保護。マラソンなど陸上競技選手に人気のモデル。2万8000円(税抜き)。レーダーロックは天候やシーンに合わせて簡単にレンズ交換ができるオークリー独自開発のテクノロジー、スウィッチロックシステム搭載モデル。3万円(税抜き)。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top