【速報】ティレーノ参戦の新城幸也、イタリアで高い人気を誇る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【速報】ティレーノ参戦の新城幸也、イタリアで高い人気を誇る

バックナンバー 過去ニュース
イタリアで開催中の7日間のステージレース、ティレーノ~アドリアティコ第2ステージに出場した新城幸也(ヨーロッパカー)はチームメートのアシスト役をこなし、トップと同タイムの106位でゴールした。
  • イタリアで開催中の7日間のステージレース、ティレーノ~アドリアティコ第2ステージに出場した新城幸也(ヨーロッパカー)はチームメートのアシスト役をこなし、トップと同タイムの106位でゴールした。
イタリアで開催中の7日間のステージレース、ティレーノ~アドリアティコ第2ステージに出場した新城幸也(ヨーロッパカー)はチームメートのアシスト役をこなし、トップと同タイムの106位でゴールした。

前日にチームタイムトライアルで開幕した同大会。第2ステージはティレニア海沿いを北上。前半から中盤まで緩やかなアップダウンを繰り返す166kmのレース。集団でのゴールスプリントが予想されていたため、チームの作戦はゴールスプリントに備えること。

序盤に5人の逃げグループが形成された。この中にはチームメイトのダビデ・マラカン(イタリア)が含まれているため、新城は作戦通り後方集団でゴールスプリントに
備えた。3分ほどの差を保ったまま、市街地を3周回する周回コースに入るとその差は一気に縮まり、最終回に集団は1つ。集団ゴールスプリントとなった。
 
「チームメイトのトニー(・ウレル)のゴールスプリントに備えていたが、最後はトニーを助けることができなかった。それでも一人でスプリントして9位。トニーは『もっと上をねらえた』と言っていたので、助けてあげられられなかったのは残念だった。明日は登りゴールで自分好みのコースなので、調子よくゴールまで行き、上位に食い込みたい」と新城。

第3ステージは、序盤に2つの山岳があるものの、後半はかけてはほぼフラット210km。5%程度の登りゴールとなるため、スプリントに絡むことができれば新城に十分チャンスがある。
(飯島美和)
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top