世界選手権ケイリンで渡辺一成、脇本雄太ともに敗退 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界選手権ケイリンで渡辺一成、脇本雄太ともに敗退

バックナンバー 過去ニュース
コロンビアのカリで開催されているトラック世界選手権は大会2日目となる2月27日、男子ケイリンが行われ、フランスのフランソワ・ペルビスが優勝した。日本勢は競輪選手の渡辺一成と脇本雄太が参加したが、1回戦で敗退、敗者復活戦でも敗退した。
  • コロンビアのカリで開催されているトラック世界選手権は大会2日目となる2月27日、男子ケイリンが行われ、フランスのフランソワ・ペルビスが優勝した。日本勢は競輪選手の渡辺一成と脇本雄太が参加したが、1回戦で敗退、敗者復活戦でも敗退した。
コロンビアのカリで開催されているトラック世界選手権は大会2日目となる2月27日、男子ケイリンが行われ、フランスのフランソワ・ペルビスが優勝した。日本勢は競輪選手の渡辺一成と脇本雄太が参加したが、1回戦で敗退、敗者復活戦でも敗退した。

女子500mタイムトライアルに出場した前田佳代乃(京都)は35秒499のタイムで15位。

3月1日は男子1kmタイムトライアル、男子オムニアム、女子スプリントが行われる。大会は3月2日まで。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top